債務を整理する

借金の返済に困り、債務整理をお考えの場合、相応の知識があれば個人で手続きをすることも可能ですが、できれば信頼できる弁護士に依頼した方が安心です。 心当たりの弁護士がいない場合は、各地の弁護士会や、法テラスから債務整理に強い弁護士を紹介してもらうことができます。また、公的機関が債務整理の相談会などを実施していることがありますので、まずはそういった相談会に参加してみることもひとつの方法です。 弁護士に債務整理を依頼すると費用が心配な方もいらっしゃると思います。その場合は資力審査がありますが、法テラスの弁護士費用立て替え払い制度(法律扶助)という制度があります。依頼したい弁護士に、法律扶助制度の利用が可能か、相談してみてください。法律扶助制度を利用すると、費用が抑えられる他、月々5000円から分割で支払うことが可能ですので、毎月の負担も軽くなると思われます。

債務整理にはいくつか種類があります。 まず、将来利息をカットし、月々の支払い額の減額をする任意整理についてです。 こちらは、1社につき着手金、成功報酬合わせて4万円(税抜き)程度が平均的な費用です。法定利息以上の利息を長年支払い、過払い金が発生しており、回収に成功した場合は、回収報酬として、回収額の1割から2割が発生します。 次に、裁判所を通し、法的に借金を免責する自己破産です。 弁護士にかかる費用は20万円から30万円(税抜き)が平均です。その他に、裁判所に印紙や切手、官報広告費を納めるための実費として、おおよそ1万5000円が必要です。ただし、持てる財産が多い、若しくは借金の原因が著しい浪費であった場合は、破産管財事件となり、別途裁判所が財産の調査、換価などをする破産管財人という弁護士を選任するための費用として、10万円から20万円程の費用が必要となります。 最後に、裁判所を通して、法的に債務を圧縮する、再生手続きです。 弁護士にかかる費用は30万円から50万円(税抜き)が平均的です。 その他に、裁判所に印紙や切手、官報広告費を納めるための実費として、おおよそ3万円が必要となります。