交通事故の際に

交通事故に被害者として巻き込まれた場合には、相手に対して事故によって損害を請求することができます。 この損害に関しては、一般的に示談交渉で話が進められることになります。 近年の統計的なデータでは、裁判によって交通事故の慰謝料や損害賠償を請求する人は全体に1割しか存在しません。 裁判をすればより多くのお金を請求できることもありますが、手続きが面倒になってしまうから避けられているのです。 そのため、交通事故の被害に合ったときには示談交渉を前提として話し合いが進められることになります。 この場合、交通事故に詳しい専門の弁護士が付いていると被害者側の主張が通りやすくなります。 法律的な話になるため、それに詳しい弁護士が必要になるのです。

示談交渉の際に弁護士に依頼をする時期は、基本的に事故後の処理が終わった後です。 事故が合った時にはまず警察に連絡をして現状を伝えなくてはいけません。 そして、その処理が終わった後に被害者があった損害を弁護士に伝えてどの程度のお金を請求できるか計算します。 大切なのは、弁護士に相談するときには被害者としての証拠をきちんと用意しておくことです。 確かに、事故後に弁護士に対して相談を行えば依頼を請け負ってくれますが証拠がないと意味がありません。 事故の証拠を集めるのは弁護士の役目ではなく依頼人の役目です。 例えば、事故によって入院や通院を繰り返したり自動車の修理を行った証拠を集めておくのです。 そうすることによって、弁護士はより有利な示談交渉を行ってくれます。